合同会社の定款

会社を設立する時に必要になるのが定款です。これは会社の憲法、会社の基本的なルールが記載されているもので、作成を行った後は、それを公証人役場で認証を得ることが必要となります。また、紙の定款を利用する場合は、4万円と言う印紙税が必要になりますが、これを電子認証にすることで印紙税の4万円を節約する事が可能になります。
会社設立はお金をなるべくかけずに行いたい、そしてお金は事業資金に使いたいと言う起業家にはとても便利なシステムと言えるのです新会社法が施行されて、株式会社は1円から会社を作れるようになりました。また、役員の数も従来のように3名から1名になるなど、会社を作りやすくしてくれています。
尚、従来存在していた有限会社は廃止になりましたが、代わりに合同会社と呼ばれるLLCが新たに新設されたのが特徴でもあるのです。合同会社を設立する場合も、当然ながら会社のルールを取り決める必要が有ります。
しかし、合同会社における定款と言うのは、株式会社のものとは異なり、公証人役場で認証を得る必要が有りません。
そのため、電子認証を行う事で印紙税を節約出来ると言う利点があるのです。この電子認証手続きは、行政書士などに依頼をすれば、手続きのみを代行して貰う事も可能になっています。
電子認証は、いわゆるインターネットを利用して行うものなのですが、認証を行うためには専用のアプリケーションソフトウェアが必要になります。
このアプリケーションソフトウェアは、会社の業務の中でも利用する可能性が在りますので、先に用意をしておいても良いわけですが、合同会社を設立する時は費用を抑えたいという事であれば、行政書士に依頼をする方が便利ともいえます。尚、合同会社の定款はと言うものは、株式会社とは異なります。
まず、合同会社が持ち分会社であり、自治の範囲がとても広いと言う利点があるのです。これは言い換えれば、会社内部組織を自由に作り規定を作れるという事でもあり、書類に記載する事で効力を持たせることが可能になります。因みに、合同会社は法務局で会社の登記を行う際に必要になる登録免許税の費用と言うものが株式会社とは異なります。株式会社の場合の登記における登録免許税は15万円がかかりますが、合同会社の場合は6万円と言う費用で登記を行う事が可能になるのです。認証費用の4万円や登記費用の8万円(15万円-6万円)の合計12万円を節約する事が出来ると言う利点があるのです。

Copyright(c) 2016 合同会社の設立で早く企業したい人に向けてのお話! All Rights Reserved.